2007年12月4日火曜日

【法改正資料】「労働契約法の概要」



フォーブレーンのオリジナル法改正資料「労働契約法の概要」を作成しました。

平成20年3月から新たに施行される「労働契約法」について、実務上のポイントを織り交ぜながら、その概要を詳細に説明しております。

2007年12月1日土曜日

【実務ポイント資料】「年俸制のポイント」

フォーブレーンのオリジナル資料・実務ポイントシリーズの第6弾として、「年俸制のポイント」を作成しました。

■ 主な内容

1 年俸制とは
2 年俸制のタイプ
3 年俸制を導入した場合のメリットとデメリット
4 年俸制導入時の留意点
5 年俸制導入と退職手当基礎額の算定方法
6 年俸制導入と割増賃金
7 年俸額の途中変更
8 欠勤控除と途中退職の場合の日割り計算
9 年俸制導入までの流れ
 
 

2007年11月24日土曜日

【法改正資料】「健康診断に関する法改正の概要」



フォーブレーンのオリジナル法改正資料「健康診断に関する法改正の概要」を作成しました。

2008年度から高齢者の医療確保に関する法律(以下「高齢者医療確保法」という。)が施行されます。

医療保険者に対して、40歳以上の被保険者・被扶養者を対象に、糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査(以下「特定健康診査」という。)及び、特定健康診査の結果により健康の保持に努める必要がある者に対する保健指導(以下「特定保健指導」という。)の実施が義務化されます。

これに伴い、労働安全衛生法に基づく健康診断の項目も変更となります。

変更後の健康診断の項目や、医療保険者が実施する特定健康診査と事業主が実施する法定健康診断の関係や、改正に伴い留意すべき事項などをまとめさせていただきました。
 
 

2007年10月24日水曜日

【研修開催報告】国立大学法人鹿児島大学

国立大学法人鹿児島大学人事評価研修を行いました。

2007年10月18日木曜日

【研修開催報告】中国四国地区国立大学法人

中国四国地区国立大学法人等人事労務担当者研修を行いました。

2007年9月13日木曜日

【業務内容】 メンタルヘルスサポート

メンタルヘルス問題は、発生の防止が最も重要であることは言うまでもありませんが、職員の"SOS"を見逃さないこと(早期発見)も、問題の長期化を防ぐ上では非常に重要です。

問題が深刻化して初めて発見した場合には、長期の休職を余儀なくされ、その負担が職場全体に及んでしまいます。

また、うつ病に代表される精神疾患は再発率が高いことから、職場復帰の適切な判定がなされない場合には、復職に失敗するだけでなく、長期化、重症化を招き、何度も休職を繰り返すといったケースも増えています。

フォーブレーンでは、産業カウンセラーや社会保険労務士などの専門家が、予防から再発防止まで職場のメンタルヘルスケアをバックアップしています。


◆カウンセリング
・自己開発(メンタル予防)カウンセリング
・グループカウンセリング(復職者の受入職場の環境調整)
・復職前カウンセリング
・復職後定期カウンセリング

◆職場復帰サポート
・本人との面談(若しくは立会)による状態評価
・復職判定会議への参加又は復職判定レポートの提供
・職場復帰プランの作成
・完全復帰までの経過管理
・受入職場の管理者のフォローアップ











2007年1月10日水曜日

【FBの本】「Q&A職場のトラブル・こんな時どうする」

フォーブレーンのコンサルタントである稲好智子が執筆した本Q&A職場のトラブル・こんな時どうするがクインテッセンス出版から発売されています。

歯科医院の院長先生や人事スタッフからの相談をもとに、歯科医院における労務管理のツボを、Q&Aでわかりやすく「こんな時どうする」「ここに気をつけよう」と、実際的に答えています。

歯科医院のみならず、各職場にも共通する話題ばかりです。

トラブルを未然に防ぐ労務管理の”バイブル”として机上に!
 
 
 

FBlog = エフブロ =

FOURBRAINオフィシャルブログ
研修などの活動実績、ご提供している資料、法改正情報及び判例情報などをご紹介しています。