2008年5月22日木曜日

【FB通信】5月号

FB通信の5月号を発行いたしました。

今回は、長時間勤務についての安全配慮義務違反を問われた事例を2件を取りあげております。

また、偽装請負についての2件の事例から、労働者性の判断基準を取り上げさせていただきました。

安全配慮義務違反については、直接労働者を管理する管理監督者の理解が重要になります。
皆様方の法人におかれましても、対策をご検討いただきたいと思います。

2008年5月19日月曜日

【実務ポイント資料】「派遣労働者受け入れに関するポイント」

                                                                        
フォーブレーンのオリジナル資料・実務ポイントシリーズ第11弾として、「派遣労働者受け入れに関するポイント」を作成しました。

人員不足を補うためであったり、人件費削減のためであったり、その理由はさまざまですが、積極的に派遣労働者の受け入れを実施している法人が増えてきています。

しかしながら、派遣労働者の受け入れに当たっては、受け入れる側も知っておかなければならない法令上の規制も定められています。

また、派遣会社と締結する派遣契約にも留意が必要です。

そこで、今回は派遣労働者を受け入れる担当者のみならず、派遣労働者を支持する立場にある現場の監督者が知っておきたい派遣労働者をめぐるルールをまとめました。

■ 主な内容

 ・ 派遣と請負の違い
 ・ 派遣労働者の受け入れ期間
 ・ 派遣可能期間を超える派遣の受け入れ
 ・ 派遣労働者の雇い入れ義務
 ・ 複合業務の派遣
 ・ 労働基準法等の適用
 ・ 派遣労働者の労働時間
 ・ 派遣労働者の年次有給休暇
 ・ 派遣労働者の懲戒処分
 ・ 派遣労働者の選定
 ・ 派遣契約の解除
 ・ 派遣法違反と行政処分及び罰則
 ・ 派遣契約の手続き
                       

【実務ポイント資料】「試用期間」

                                    
フォーブレーンのオリジナル資料・実務ポイントシリーズ第10弾として、「試用期間」を作成しました。

試用期間の延長や、試用期間中若しくは試用期間満了時における解雇をめぐるトラブルに関するご相談が増えています。

これらのトラブルは、試用期間の意味を十分には理解していなかったり、そもそも試用期間の運用に誤りがあったことから生じているケースもみられます。

そこで、今回は試用期間の意味や、試用期間中の解雇などの法令上の解釈について、判例などを交えながら解説させていただくとともに、実務上における運用の留意点などもご紹介させていただいております。

■ 主な内容

 ・ 試用期間とは
 ・ 労基法第21条に定める「14日間の試用期間」との関係
 ・ 試用期間の長さ
 ・ 職種別の試用期間の設定
 ・ パートから正規職員に登用した際の試用期間
 ・ 中途採用者の試用期間
 ・ 本採用後の賃金の減額
 ・ 試用期間運用の留意点
                      

2008年5月12日月曜日

【実務ポイント資料】「労働時間管理」

    
フォーブレーンのオリジナル資料・実務ポイントシリーズ第9弾として、「労働時間管理」を作成しました。


この4月1日から改正された「労働時間等設定改善指針(労働時間等見直しガイドライン)」の概要のほか、労働時間管理方法の事例や、長時間労働の防止に向けた取り組み事例なども紹介しています。


また、労働時間の適正管理を進めるためにも把握しておきたい法令上のポイントなどもまとめています。

■ 主な内容

1.労働時間管理の重要性
   ・労働時間の適正管理
   ・労働時間の適正管理が求められる理由
2.最近の労働時間管理をめぐる事件
3.労働時間の適正把握義務
4.労働時間の把握方法(事例)
5.労働時間等設定改善指針の改正
6.労働時間等設定改善委員会の設置
7.長時間労働の防止に向けた取り組み(事例)
8.労働時間管理のポイント
                 
                  

FBlog = エフブロ =

FOURBRAINオフィシャルブログ
研修などの活動実績、ご提供している資料、法改正情報及び判例情報などをご紹介しています。