2016年8月1日月曜日

労働契約法対応研修のご案内(全国対応)


フォーブレーンでは、大学、病院、研究機関等における管理監督者・教員・研究員向けの研修「労働契約法対応研修~無期転換権発生問題に備える~」に関するお問い合わせ・受付を開始いたしました。
 
 
2018年4月1日、「無期転換ルール」を定めた改正労働契約法の施行5年を迎えますこの日を境に無期転換権が発生する有期雇用職員が多数生ずることになるため、この時期における雇止めや無期転換後の労働条件の設定をめぐるトラブルが頻出してくることが予想されています。それが労働契約法の「2018年問題」です。
「2018年問題」のトラブルに巻き込まれないためには、早い段階から、現場の管理監督者の方々を含め、雇い入れ責任者である教員や研究員にも「2018年問題」の本質を改めて認識いただき、雇用管理のあり方を考えていただく必要があります。
そこで、本セミナーでは、大学や研究機関、病院における支援実績豊富なコンサルタントが、【現場の責任者こそが認識しておくべき留意点】をわかりやすく解説いたします。
 
【研修内容】
1.労働契約法の「2018年問題」とは
 ・労働契約法の概要
 ・無期転換制度における法的留意点 など
2.「2018年問題」防止のための管理監督者等の役割
 ・なぜ雇止めをめぐるトラブルが生ずるのか
 ・無期転換回避策をめぐる問題点の理解
 ・無期転換後の労働条件をめぐるトラブルを防ぐために
 ・無期転換後の解雇は可能か など
3.まとめ
 ・「いま」すべきことを考える など
 
詳細なプログラム内容・御見積のご依頼等、お問い合わせはtel03・5159・2522 フォーブレーン研修事業部までお気軽にお問い合わせください。
 
 

労働契約法(2018年問題)対応支援コンサルティングのご案内(全国対応)

フォーブレーンでは、大学、病院、研究機関における人事・労務部門向け「労働契約法(2018年)対応支援コンサルティング」サービスを開始いたしました。

2018年4月1日、「無期転換ルール」を定めた改正労働契約法の施行5年を迎えます。
 
この日を境に無期転換権が発生する有期雇用職員が多数生ずることになるため、この時期における雇止めや無期転換後の労働条件の設定をめぐるトラブルが頻出してくることが予想されています。
 
それが労働契約法の「2018年問題」です。
 
この「2018年問題」は、対応を誤ると深刻な紛争トラブルに発展するだけでなく、法人運営に大きな影響をきたすおそれがあります。
 
また、労務管理をめぐるトラブルの対応には膨大な時間や費用がかかるのみならず、人事労務担当者の皆さまの精神的負荷も大きくかかります。


そのため、各法人様において、無期転換権の発生に備えた制度整備が急務となっているのではないでしょうか。
 
改正労働契約法適用下におけるトラブルを未然に防ぐためには、施行日までに有期雇用職員の雇用に関するルールを見直すとともに、関係規則や雇用契約書の内容も見直しておかなければなりません。

さらに、法律や通達の解釈だけでなく、契約内容、労働実態に合わせた対策も必要となります。
 
フォーブレーンの労働契約法(2018年問題)対応支援コンサルティングでは、大学、病院、研究機関等でのコンサルティング実績が豊富な人事労務コンサルタント(社会保険労務士)が、人事労務ご担当者様の疑問や不安に逐次お応えさせていただくとともに、制度整備がスムーズに進むよう、総合的にお手伝いさせていただきます。

ぜひ当サービスをご検討ください。
 
 
労働契約法(2018年問題)対応支援コンサルティングの内容

1.メール・電話相談2018年問題の対応にあたって、日々発生する疑問等にスピーディーにお応えいたします。
 
2.FBナレッジ事労務の諸問題をQ&A形式で掲載したナレッジデータベース。
労働契約法に関する諸問題、対応事例など最新情報をご提供します。
 
3.無期転換規則の確認無期転換権行使者に対する諸規定に関するアドバイスや確認をいたします。
 
4.訪問サポートコンサルタントが直接訪問させていただき、ご担当者様向けに2018年問題に関する勉強会を開催したり、今後の対応にむけての個別のアドバイスや意見交換等をさせていただきます。


コンサルティング内容の詳細・御見積のご依頼等、お問い合わせはtel03・5159・2522 
フォーブレーン コンサルティング事業部までお気軽にお問い合わせください。

【FB FORUM】仙台・東京・大阪・福岡の4都市で「労働契約法対策セミナー」を開催いたしました

2016年7月25日に仙台、27日東京、28日大阪、29日福岡の4都市にて、大学・研究機関・病院などの人事労務担当者様、計146法人、213名様を対象に、第23回FBフォーラム 人事労務セミナー&相談会「労働契約法対策セミナー『無期転換権発生問題』~「今」から対策が必要な5つの理由~」を開催いたしました。

7月29日 福岡会場の様子(講師:稲好 智子) 
 
今回のセミナーは、ご案内当初から多数のお申し込みをいただき、東京・大阪会場については、急きょ広い会場に変更するなど、各地からたいへん多くの法人担当者様にご来場いただきました。

セミナーは2部構成で、第1部は労働契約法の「2018年問題」が法人にもたらす影響についてお話させていただきました。

その後、第2部は、「2018年問題におけるトラブル事例とその防止策」の講演に移りました。
 
「雇止めをめぐるトラブル」「無期転換回避策をめぐるトラブル」「労働契約法の特例適用をめぐるトラブル」「無期転換後の労働条件をめぐるトラブル」「同一労働同一賃金をめぐるトラブル」「無期転換後の解雇をめぐるトラブル」に対する対応など、具体的な5つのポイントを中心に、法的根拠を踏まえた具体的な対応のポイントをお話させていただきました。

受講者からは「実際にトラブルが考えられ得る事例ばかりで、思いあたるケースも多々あり、非常に分かりやすく参考になった」、「今後、法人で対応しなければならない事項がわかった」、「ケース・スタディ形式、より理解が深まった」等の感想をいただきました。

FBlog = エフブロ =

FOURBRAINオフィシャルブログ
研修などの活動実績、ご提供している資料、法改正情報及び判例情報などをご紹介しています。